歯医者難民だった私が

» 大田区在住 A様

私は痛みに弱く歯の治療の音を聞くだけで逃げ出したくなるほどの歯医者嫌いで 歯医者を転々とかえる 歯医者難民でした。
50才前半で歯と歯茎がかなり悪い状態になり困っていたところ知人に森山歯科を紹介してもらい ちょっと遠いなぁ。。。と思いながらも思いきって訪ねてみました。
先生は私の歯を見て
 
これはひどい!うん。でも大丈夫だ。あきらめずしっかりと治療をすれば抜かずにいける!時間はかかるけれど頑張りましょう。
 
と言ってくださり 私は、歯科難民生活から救われることになりました。
 
直ぐにレントゲンを撮ってくださり 今後の治療について丁寧に分かりやすく説明してくださったことも先生への信頼感に繋がりました。
 
先生とスタッフの方々の患者の立場にたって考えてくださる神対応に助けていただきながら この私が無遅刻無欠席で通うようになり 段々と自分の歯がいい状態になっていくのが嬉しくなって毎晩の歯磨きも丁寧にする習慣がつきました。
お陰さまでいまでは健康な歯と歯茎を取り戻せ 噛み合わせが良くなったせいか口内炎が減り肩凝りも解消されました。
これからも 定期的な検診とクリーニングを続け 早めに治療してもらいこの状態を保ちながら 自分の歯を大切にして健康でいたいと思っています。