口臭について
口臭は誰でも気になるものです。口臭が引き起こされる原因として、主に以下が挙げられます。
・口の渇き
・ノドの過剰な粘液
・たんぱく質(乳製品・赤身の肉・豆類など)を多く摂る食習慣
・喫煙
・アルコール

など
口臭は、唾液と深い関係を持っています。唾液が充分に分泌されているうちは、食べカスや細菌が流されて口臭は気になりませんが、分泌が低下してネバネバ感が出てくると口臭が気になりはじめます。朝起きたときに感じる口臭は、この唾液分泌の低下で起こるのです。
口臭の原因
口臭の原因には、先ほどもいくつか挙げたようにさまざまなものがあります。ですが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が出す揮発性ガスです。
 
また、その他の原因として、虫歯や歯周病、自臭症、食品なども挙げられます。以下に代表的な口臭の原因をご紹介します。
唾液の量が少ない
唾液にはお口の中の洗浄・殺菌作用があります。唾液が充分に分泌されると揮発性ガスを出す細菌の増殖を抑制し、口臭を予防するのです。逆に唾液が少ないと細菌の増殖を抑制できず、また揮発性ガスの放散も防げません。
お口の中が不衛生
お口の中が不衛生だと細菌が増殖し、揮発性ガスの量も多くなるため口臭がきつくなります。対策として、正しい方法で丁寧に歯を磨きましょう。
虫歯・歯周病・不適合な歯科治療など
虫歯や歯周病になっているときはもちろんのこと、お口に適していないクラウンやインレーがお口の中にあるとき、お口の中は不衛生な状態です。これらは自身では気づきにくいため、歯医者へ行って一度チェックしましょう。
自臭症
自臭症とは、実際には口臭がないのに、あまりにも気にしすぎるために「口臭がある」と思い込んでしまう精神的な病状です。あるとき友人や家族から「口が臭い」と言われたのをきっかけに気になり出す方がほとんどです。ですが、口臭は誰にでもあるもの。口臭についての正しい知識を身につけ、口臭に対する恐怖心をゆっくり克服していきましょう。
食品
もともとにおいがきつい食品などを摂取した場合、口臭を防ぐことは基本的にできません。
・にんにく
・ねぎ類
・唐辛子などの香辛料(カレーなども含む)
・コーヒー
・アルコール

など
口臭予防と対策
口臭を予防・対策するには、自身の口臭の原因を究明することが重要です。しかし、原因の特定は簡単にできるものではありません。そんなときは、まず食生活や生活習慣を見直してみましょう。
 
見直すことで口臭が改善されることも少なくありません。もしそれでも口臭が改善されない場合は歯医者へ行って相談しましょう。
正しい歯磨き
口臭予防には正しい歯磨きが最適です。プラークコントロールを心がけることが何より大切です。
規則正しい生活
生活習慣の乱れは、唾液の分泌量を低下させる大きな原因です。睡眠不足やストレスを解消し、快適で規則正しい生活を心がけましょう。
規則的でよく噛む食生活
食生活において“よく噛む”ことは、唾液分泌量を増加させる大切な条件です。現代では、食生活の変化から昔に比べて噛む回数が減ってきています。普段からよく“噛む”ことを意識しましょう。
歯科医院での口臭治療
口臭の原因が自身でわからない場合は、口臭治療を行っている歯医者で診察してもらいましょう。



ご予約・お問い合わせはこちらから

所在地
〒168-0082
東京都杉並区久我山5-8-20 ポスタンドB1-C
診療科目
一般歯科、小児歯科、審美歯科、口腔外科
診療時間
【休診日】木・日・祝
【平日】10:00〜20:00
【土曜】09:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 森山歯科医院|杉並区久我山駅北口徒歩1分の歯科医院 All Rights Reserved.