皆さんは大丈夫ですか?歯周病について

日本における歯周病の有病率は20代ではおよそ70%、30・40・50代ではおよそ80%、60代ではおよそ90%となっています。症状の重症度には関係ありませんが、非常に多くの人が抱えているお口の病気であるということは間違いありません。


こちらでは、歯周病の進行度合いや症状について紹介させていただきます。もし通常の状態以外に心当たりがあると感じた方は、少しでも長く健康的な歯で過ごすことができるよう、なるべく早く歯科医院でご相談いただくことをおすすめします。

正常な歯の状態

非常に健康で良い状態の歯であれば、歯周ポケットの検査をおこなう器具がほとんど中に入っていくことはありません。引き締まった歯茎の状態をキープできるよう、毎日のブラッシング・歯間ケアなどにこれからも励んでください。

歯肉炎

歯垢や、歯石の付着は多少見られますが、まだ歯周ポケットの上部にとどまっており、歯茎の炎症もそこまで強くはない状況であれば、歯肉炎の段階です。これ以上症状が進行しないようにすることが大切です。是非歯科医院で衛生士から「歯磨き指導」を受けてみてください。正しいブラッシングによって、症状の進行は止めることができます。

歯周病(軽度)


歯垢や、歯石が歯に付着し歯周ポケットの内側へと進行。歯茎の腫れが起こり、歯を支える歯槽骨が吸収する(溶ける)ようになると軽度の歯周病と診断されるかと思います。ブラッシングの際に出血が見られたり、冷たい水がしみるといった症状があれば速やかに歯科医院へ。「スクリーニング」という医師や歯科衛生士による歯石・歯垢の除去をおこなうことによって、症状が改善する可能性のある段階です。

歯周病(中度)


歯垢や、歯石が歯に付着は、さらに歯の根元に向かって進行。歯を支える歯槽骨の吸収(溶け)がさらに進行して歯槽骨の半分程度が溶けてしまうと中度の歯周病となります。歯肉からの出血や痛みを伴う場合も多く、中には歯のぐらつきを感じる方も。多くの患者さんが自覚症状がある状態かと思われます。こういった状態まで症状が進んだ場合、歯周ポケットはかなり深い状態であるため、麻酔をかけて痛みを感じない状態にした上で、歯の根の表面に付着してしまっているプラークや歯石の除去の治療が必要となります。

歯周病(重度)


歯垢や、歯石が歯に付着は、歯のほぼ歯の根元までびっしり。歯のぐらつきも大きくなります。ここまでいくと歯の保存が難しい場合には「抜歯」という選択肢も出てきてしまいます。こうなるまで放置することは絶対に無いようにしましょう。




ご予約・お問い合わせはこちらから

所在地
〒168-0082
東京都杉並区久我山5-8-20 ポスタンドB1-C
診療科目
一般歯科、小児歯科、審美歯科、口腔外科
診療時間
【休診日】木・日・祝
【平日】10:00〜20:00
【土曜】09:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 森山歯科医院|杉並区久我山駅北口徒歩1分の歯科医院 All Rights Reserved.